ホームページ製作・システム開発|アビッツ

WEB制作 システム開発 電子カタログ YAHOOリスティング広告 SEO SEM EC-CUBEカスタマイズ 更新サポートならアビッツへ

  • 会社案内
  • 採用情報
  • サイトマップ
CPIアイル
YAHOO!リスティング広告代理店
EC-CUBE ASP
アクティビュー acti-view

ゼロからのデータ作成から電子書籍データ変換まで、安心トータルサポート!


アビッツが選ばれる3つの理由actibookとは電子書籍のターゲット
電子カタログ/ iPhone iPad対応
TOP > 電子書籍/ iPhone iPad対応
Web作成の手間コスト削減できる画期的なツール

ebookは電子ブック、デジタルカタログ、デジタルブックなど様々な名称で呼ばれていますが、 すべてに共通するのは「今まで見慣れている本の見え方をWebの世界でも実現する」という コンセプトにより生まれてきたWeb上の表現手法の一つです。
パソコンや携帯電話から、実際の本と同様のイメージで閲覧することが可能です。
現在では、コミックや雑誌をWebで閲覧できるようにし、サイトへの集客をうながす目的などに多く利用されています。
また紙媒体の電子化によるコスト削減や新しいマーケティングツールとして使用されたり、 最近では出版と直接関係のない企業でも「紙のデータを2次利用することで
Web作成の手間・コストを削減できる」といった形で利用され始めてきています。

メリットとデメリット
電子書籍のメリット

■印刷、製本、郵送費用のコスト削減。
■不特定多数のインターネットユーザに対する販促活動が可能。
■映像、音声、音楽などの多彩なコンテンツで商品を表現できる
■電子カタログはユーザが求めると同時に手元に届けることができる(すぐに閲覧できる)。 ■販売サイトと連携させて、ユーザを購買行動に誘導することができる(購入への導線が増える)。
■大量のカタログデータをWebサーバやCD、PCに格納することができる
■制作・更新作業が紙と比べて早く安い。
■アナログ感覚のインターフェースを採用しており、Webに比べて汎用性が高い。
■ページをめくるように閲覧することができ、相手に与える情報量がWebに比べて多い。

電子書籍のデメリット

■PCがなければ見られない。
■存在感が無い。
■インターネット接続ができなければ購買に結び付かない。

お問い合せ